猫と暮す工夫

アクセスカウンタ

help RSS 食べない時の食餌(口内炎など)

<<   作成日時 : 2006/03/19 17:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

8年近く前に、あるメルマガの仲間と、交換し合った経験談を、思い出しながら、書きます。
猫エイズ・白血病などで、発症した後の猫の介護のような話の中から食べ物編。


まず、口内炎になる仔が、多く居ました。
口が痛いと、頑固に食べない子が居ます。
前日書いた中で、
刺身や生肉は、口当たりが良いので、食べやすいサイズに切ると、食べてくれる場合があります。

ホタテ・カワハギ・マダラ等の他に、
エビやイカも、ゆでて使います。
消化は悪いので、下痢気味の仔には、使えません。
イカは生では食べさせないで、しっかり、ゆでます。
ゆでたものは、
すり鉢でするか、フードプロセッサなどで、細かくします。
そのまま団子状にするか、お湯を加えてドロドロにするかは、
それぞれの好みに合わせます。
ゆで汁を、飲ませたり、他の食べ物に香りつけとして、混ぜる事も出来ます。

ゆで汁といえば、
かつお節でとった濃い目のだし汁とか、
スルメ(干したイカ)で、だしをとって、消化の良さそうな食べ物に混ぜる
という事もできます。

仔猫用ミルクも、飲んでくれるようなら、消化が良くて安心です。
『カケシア』などの、高カロリー食を、獣医さんで処方してもらうのも良いかもしれません。
前日のカロリーエース犬猫用牛乳なども、便利です。

猫さんによっては、それぞれ、
硬さや大きさにこだわったり、温度や匂いに、敏感だったりします。
口内炎の仔は、冷たいものを好むようです。
でも、
冷蔵庫から出したてだと、冷たすぎて匂いも無いので食べたがらない場合も有ります。
その場合はレンジで、ほんのり暖めるていどにチンすると、食べる場合も有ります。
塩分や糖分は、猫には、あまり必要ないので、くわえない方が良いと思います。
脱水時の水分補給には、スポーツ飲料を薄めて、飲ませると良いようです。


上に書いたものは、実際に病気の仔が食べてくれた物です。
猫も十猫十色ですので、いろいろ工夫してみてください。
☆・☆・☆・☆・☆ 東日本大震災で被災して飼い主とはぐれた迷子たち。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ できるだけ早く、できるだけ多くの迷子の犬猫さん達が、元の家族と再会できます様に。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ こちらにも、広域な情報が有ります↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べない時の食餌(口内炎など) 猫と暮す工夫/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]