猫と暮す工夫

アクセスカウンタ

zoom RSS 長引く下痢には専用フード

<<   作成日時 : 2010/03/05 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

お正月に家に来た仔猫は、ひどい下痢をしていて、2か月近く薬を飲ませても良くなりませんでした。

ところが、胃腸疾患の専用フードだけ食べさせたら、3日目には良いウ○チのなりました。
画像

私が食べさせたのは、ロイヤルカナンの「消化器サポート」と、ヒルズの「i/d」(胃腸管理に)です。

どちらも、療法食なので、スーパーやホームセンターには有りません。
獣医さんで、取り扱うフードですが、私はネットで買っています。


今回、しつこく水の様な下痢をしていた仔猫(黄縞さん)は、人に飼われていた様で人懐こいのですが、
家に来た時、猫風邪(ウィルス性鼻気管炎・カリシウィルス感染症)で鼻水と眼ヤニが酷く、
耳ダニのせいで耳の穴が焦げ茶色のネトネトした物で詰まっている状態でした。
そして、お腹には寄生虫がいて、水の様な下痢をしていました。

注射をしたり、薬を飲ませたり、耳を洗ったり・・・
それぞれ治療して良くなっていったのですが、下痢だけは、全く良くなりませんでした。


最初は、他の仔猫と同じ、仔猫用のフードを食べさせていたのですが、あまり下痢が続くので、
上記の2種類の専用フードを食べさせ始めましたが・・・、すると、食べる量が凄く減ってしまったのです。
ここで、私は思い違いをしました。
もしかしたら、「消化器サポート」と「i/d」は、不味いので食べないのかもしれないと思ったのです。

そして、「仔猫だから、シッカリ食べて栄養をつけなければ・・・。もしかして、下痢が続くのは体力が無いせいかもしれない?」と考えました。
そうして、消化が良くて胃腸に優しそうな気がするヒルズの「z/d」を、「i/d」と一緒に食べさせてしまったのです。
z/dは、たくさん良く食べました。
すると「i/d」だけ食べさせていた時には、少し良くなっていた下痢が、また悪化してしまいました。

でも、「z/dは、食物アレルギーの猫のために、消化が良いように作られているのだから、下痢してる猫にだって良いはずだ」と、私は強く思い込んでいたので間違いに気付きませんでした。

気付いたのは、「消化器サポート」の説明書きに少ない食事量でも必要なカロリーを摂取できるよう・・・・・という部分を読んだ時でした。
少量食べただけでカロリーが足りているので、お腹が空かないので少ししか食べなかったのを、不味いから食べないと、私が勘違いしたのです。

あらためて、病気の時に処方食としてすすめられる療養食は、やはり効果が有るのだと感じました。
もし、胃腸が弱くて困っていたり、下痢が止まらなかったりしたら、療養食だけにして数日間様子を見るのも良い方法かもしれません。
その間は、オヤツの煮干しとかオカカとか缶詰とかも、休みます。

今回の我家の場合には、
野分(♀生後約5か月2.2キロ)は、療養食フードだけにした当日に下痢が止まり、翌日には良いウ○チをしました。
黄縞さん(♂生後約4か月2.4キロ)は、フードを切り替えた当日と翌日に軟便をして、3日後には良いウ○チになりました。
こんなに効果が有ったので、知っている人の方が多いかと思いましたが、書いてみました。



実際にフードの説明として書かれている原文は↓下記のとおりです。

☆・☆・☆・☆・☆ ☆・☆・☆・☆・☆

【特長】
●高消化性の原材料を使用
消化能力が低下した猫でも栄養素を摂取できるよう、高消化性の原材料を使用しています。

●腸内細菌バランスを適正に維持
腸内細菌バランスを適正に維持するため、ビートパルプ、マンナンオリゴ糖とフラクトオリゴ糖を配合しています。

●回復をサポートするために高エネルギー化
腸管への負担を軽減し、少ない食事量でも必要なカロリーを摂取できるよう、高エネルギー化。あわせて、速やかな体重の回復をサポートするためにエネルギー密度を高め、際立った嗜好性を実現しています。

メーカー:ロイヤルカナン・ウォルサム

☆・☆・☆・☆・☆ ☆・☆・☆・☆・☆


☆・☆・☆・☆・☆ 東日本大震災で被災して飼い主とはぐれた迷子たち。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ できるだけ早く、できるだけ多くの迷子の犬猫さん達が、元の家族と再会できます様に。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ こちらにも、広域な情報が有ります↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
猫の飲水量について調べていたところ、こちらのブログが色々経験された事など書かれていてお薦めです、というの目にし訪問させて頂きました。
まだ全部読んでおりませんが、参考にさせて頂きたい事がたくさんあります
今回は腎不全と飲水量についての事が知りたいので時間をかけてじっくり拝見致します。
ヨッシー
2010/03/24 23:29
ヨッシーさん
こんばんは
あまり医学的な知識ではありませんが、猫と暮らしていて、実際に体験した事や工夫した事などを書いてみました。
なにか少しでもお役にたつ事が有れば幸いです。

猫の腎臓は元々弱いらしくて、今も薬を飲み続けている仔が我家にも居ます。
それでも、出来るだけ快適に長生きして欲しいと思っています。

ヨッシーさんの猫さんも、元気に長生きできますように。
ミユキ
2010/03/25 00:48
こんばんは。
猫ちゃん下痢が治って良かったですね。私も犬9匹と猫12匹飼っています
犬と猫が食物アレルギーになってしまい獣医さんで治療中です。
それから食物アレルギーの原因で一番多いのが
犬も猫も牛肉と乳製品だと知りビックリしました。それから3番目に猫のアレルギーの原因になるのが魚だそうです。それから犬や猫にはヒルズの食物アレルギー療養食しか与えてません。獣医さんの話では猫も犬も
肉食動物なので魚を与えるのはよくないそうです。
ドロシー
2013/12/05 17:36
ドロシーさん
こんばんは
お陰さまで、野分と黄縞さんは、その後もいろいろありましたが元気にしています。
ドロシーさんのお家の仔たちも、症状が治まってくれると良いですね。

このごろ猫も人も、食物アレルギーは増えているように感じます。
そして、アレルギーの原因物質が、数種類だけなら、対応もそれほど難しくないのですけれど、
どうも、ひとつの食品にアレルギー症状が出ると、次々に他の食品でもアレルギー症状が出るようになるみたいです。

うちの高齢のアレルギー持ちの猫は、アレルギー療法食でも、症状を押さえられなくなっています。
それでも、何とか症状が出ないフードを探して過ごしています。

私自身も食物アレルギーもあるのですが、最も良い治療法は「原因になる物を食べない」と言われています。
つまり、食事が大切なのですよね。
ですから、私も、その時々に、それぞれの仔に合ったフードを良く考えて選ぶようにしています。
それでも、悩みと心配の種は尽きませんが、愛犬愛猫の為がんばりましょう。
ミユキ
2013/12/06 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
長引く下痢には専用フード 猫と暮す工夫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる