猫と暮す工夫

アクセスカウンタ

zoom RSS 計画停電中の猫たちの保温

<<   作成日時 : 2011/03/16 13:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

ペットボトルを使った湯たんぽ。
水と火が使える状態なら、突然の停電中でも出来ます。


画像

ペットボトルに、熱めのお湯(熱湯はダメ)を入れて、タオルでグルグル巻いて、輪ゴムでとめるだけで、数時間は温かいです。

ヤカンでお湯を沸かすと高温になって危ないので、もしも使えるようなら、ボイラーで温度設定をしたお湯を使った方が安全です。

タオルで、シッカリ巻かないと『低温やけど』の恐れが有りますから、
キッチリとタオルを巻いて、輪ゴムでしっかりとめてください。


また、有れば、お茶などホットドリンク用のペットボトルの方が、熱に強いので良いと思います。

缶コーヒーなどの缶飲料の未開封の缶を、ナベに入れて火にかけて温めて、同じ様にタオルに包んでも使えます。

こうして作ったペットボトル湯たんぽを何個も、コタツの中に入れると、温かい空間が出来ます。
コタツが無ければ、テーブルに毛布をかけてペットボトル湯たんぽを入れておけば、猫たちの好きな隠れ家が出来ます。
猫を残して出かけなければならない時間に、停電が有っても、少しは安心できるかもしれません。



それから、
今は手に入らないかもしれませんが、『湯たんぽ』は、買っておいた方が良いかもしれません。

画像

ボイラーの60度のお湯でも4〜5時間は温かく使えます。
これは金属製なので、熱湯でも使えて、10時間ちかく温かくて助かりますが、火傷に注意しなければなりません。
軍手を使用して、厚手のタオルで、何重にも巻いてから、毛布の下などにいれて使ってください。

特に、仔猫やティーンズ(高齢猫)や病気などで体を動かせない場合には、『低温やけど』になりやすいので気をつけてください。

【注意】
湯たんぽに付いていた注意書きの、『低温やけど』等になる時間の目安は、およそ次のとおりです。

熱いものに接している皮膚の温度と、火傷になるまでの時間。
●44度では、3〜4時間

●46度では、30分〜1時間

●50度では、2〜3分

厚手のタオルや布で包む事が大切です。
じかに皮膚に触らない様に使う事と、時々湯たんぽの位置を変える事が必要です。



寒い季節に電気が使えないのは大変ですが、節電と計画停電に協力しましょう。


☆・☆・☆・☆・☆ 東日本大震災で被災して飼い主とはぐれた迷子たち。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ できるだけ早く、できるだけ多くの迷子の犬猫さん達が、元の家族と再会できます様に。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ こちらにも、広域な情報が有ります↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、通りすがりのものです。
コメントさせて頂いて良いのか迷いましたが、
こちらの猫ちゃんが我が家の茶キジホワイトにそっくりで、
びっくりしています♪
図々しいの覚悟で質問なのですが、ベランダで利用されている「網」ですが、
http://neko-to-kurasu.at.webry.info/200603/article_9.html
これは、ホームセンターなどで売っているものでしょうか・・・・
春になり我が家もベランダに出してあげたいのですが、
繊維質の網だと噛んでしまいそうだし、と悩んでおりました。
教えて頂けると嬉しいです。
にゃま
2011/04/04 23:36
にゃまさん
レス遅れてすみません。
写真の仔は、野分♀1歳です(^^)
似てますか〜嬉しいです。

ベランダで使っているのは、金網です。
目立たない様に、黒い金網を使いましたが、取り扱っているお店が少ない様です。
同じ網目で、緑色の金網は、園芸や日曜大工のコーナーに有りました。
もう8年くらい使っていますが、猫くらいなら破れていません。

私も繊維質の網や、プラスティックの網も考えたのですが、耐久性を考えて、コーティングしてある金網に決めました。

金網の端を、園芸用の支柱に、ひと巻きして、細い黒い針金でとめています。
支柱ごと、ベランダの柱や梁にくくりつけています。

金網の長さや幅が足りない場合は、金網同士を針金で、縫うような感じにくっつけています。
金網も伸び縮みするので、多少の無理はききますから、ベランダ全体を覆うように張るのも、それほど難しくは有りません。

ただ手間がかかります。
休日に、一日がかりで、何とか出来ました。
猫が出てしまうと心配ですから、丈夫さが一番ですよね。

ベランダを網で囲ってから、洗濯物や布団干しも猫と一緒にできて、楽しいです。
猫たちも日向ぼっこしていますし、気に入ってくれています。
ミユキ
2011/04/06 17:21
ミユキさま、
早速のお答え、ありがとうございます。
野分ちゃん♪ 我が家の花(♀1歳半)に本当に似ています(笑)

利用されているのは金網なんですね〜
園芸用の支柱ならすぐに手に入りますし、
金網も頑張って探してみます。
網戸なども黒の方が視界が良いと言いますよね。
ベランダに一緒に出られる日が早くきますように♪
ありがとうございました。
にゃま
2011/04/07 17:04
追伸

すみません、書き忘れました。
実は、花も「峠の釜飯」を水入れにしています(笑)
にゃま
2011/04/07 17:06
にゃまさん
花ちゃんと野分は、ほとんど同じくらいの生まれですよ。
野分も10月に拾った仔です(^^)

正しくは『亀甲金網』という名前みたいです。
90センチ幅で、大きなロールで切り売りしていました。
探してみてください。

峠の釜飯の入れ物、猫は好きみたいです。
焼き物だから、見た目も渋くて楽しいし良いですよね(=^・^=)
ミユキ
2011/04/08 01:42
ミユキさん、
ありがとうございます!^^!
花も拾った子です。
この週末、金網さがしてみます!
では、また♪
にゃま
2011/04/08 23:13
にゃまさん
私は、拾った仔たちは、「拾い物」って呼んでるんですよ。
その理由は、
辞書で引くと、「拾い物」には、2番目の意味として、

『思いがけない幸運。予期せぬ儲けもの。』

と書かれています。
「今日の勝利は、拾いものだった」とか試合後の監督が使うでしょう。

花ちゃんは、にゃまさんの拾い物だから、きっと幸せを運んでくれていると思います。
ぜひ、一緒に楽しく暮らしてください。
金網有ると良いですね(=^〜^=)
ミユキ
2011/04/09 09:08
初めましてこんにちは。
室内飼いの猫と始めて夏を迎えるので、窓と網戸をどうしようかと悩んでいた所たどりつきました。
室内飼いの窓辺・網戸がとても参考になりました!自分では思いつかなかった事がおおく勉強になります。
ストレスのないように、かつ安全に窓辺を固定したいと思います(*^v^*)
うちの子は完全に2階だけで暮らしていますが、1階の掃きだしの窓にラティスを組み立ててつくられた猫ちゃんサンルームいいですね!2階の窓どこかぶっ潰して(笑)ベランダ作って是非やってみたいです。

猫用湯タンポも冬場参考になります!
そのほか猫の記事も興味深く読ませて頂きました、猫ちゃん達もとても可愛いですね♪
また参考にお邪魔させて頂きます、突然のコメントにて大変失礼致しました。
ひらめ
2011/04/17 11:17
ひらめさん
こんにちは、ようこそいらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

猫は身軽で素早いので、
暖かくなってくると、窓からの脱走が心配になりますね。
いろいろと自己流で工夫してきた事ですけれど、お役に立てれば嬉しいです。

それから、ラティスは便利で、最近ではドアや床板や柱など、組み合わせて使えるアイテムも種類が増え、
ますます使い勝手が良くなりました。
風に吹かれながら日向ぼっこするのは、猫たちみんな好きみたいです。
サンルームも機会が有りましたら、工夫して作ってみてください。

我家の子たちは、みんな色模様が違うんですよ。
どの仔も自慢の仔です(親バカというか猫バカ)
誉めていただきありがとうございます。
どうぞお越しの節は、また気軽にコメントしてください。
ミユキ
2011/04/18 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
計画停電中の猫たちの保温 猫と暮す工夫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる