猫と暮す工夫

アクセスカウンタ

zoom RSS 引っ掻き傷の保護にネイルキャップ

<<   作成日時 : 2013/04/23 23:32  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

爪のソフトカバーが有効でした。

時々、小さな傷を掻き崩して、どんどん大きくして、ハゲまで作ってしまう仔が居ます。
飲み薬や軟膏を処方されても、カラー付けたり、バンダナを巻いてみたりしましたが、
効果がなく、傷は広がるばかりでした。

悩んで検索すると、爪のカバーが良いと書かれている日記等がありました。

さっそくこれを試してみました。


接着剤の付属のノズルが、とても使いにくくて、横から接着剤がもれてしまうので、
つまようじの先に接着剤を付けて、爪カバーの奥に押し込むようにして入れました。
手に付くと、すぐ乾いてしまうので、使い捨てのビニール手袋をして接着剤入れ作業をすると安心です。



紗羅♀9歳は、つけてもストレスなしな様子です。
最初だけ気にして、噛んで取ってしまいましたが、もう一度新しい爪カバーを着けなおしたら、もう取ろうとはしませんでした。
画像


爪の部分です。
ピンクにしたのは、見た目が可愛いのと、『取れた時、ハッキリした色の方が分かりやすくて良かった』というレビューを読んで決めました。
画像



ここから下には、引っ掻き傷の写真が有りますので、苦手な方は見ないようにしてください。



ネイルキャップして7日目の傷の状態。
画像


最初の状態は、耳から顎にかけてつながった大きな傷で、皮がむけて真っ赤で痛々しかったので、写真はありません。
一週間で、とても良くなっています。


そして10日目の傷の状態。
画像


さらに良くなって、カサブタが一か所になっています。
ネイルキャップは、まだちゃんと付いています。


15日目の傷の状態。
画像


傷が治ったところに、産毛が生えてきています。


今はもっと良くなっていますので、またこの後の写真を写せたら貼ります。


☆・☆・☆・☆・☆ 東日本大震災で被災して飼い主とはぐれた迷子たち。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ できるだけ早く、できるだけ多くの迷子の犬猫さん達が、元の家族と再会できます様に。
画像
☆・☆・☆・☆・☆ こちらにも、広域な情報が有ります↓
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引っ掻き傷の保護にネイルキャップ 猫と暮す工夫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる